ご感想・メッセージへの返信

    共感覚とホロスコープ:入り組んだアスペクト【返信】

    6/21にメールをくださったs.k様より教えていただきました。
    昔当ブログで書いた共感覚の記事を読んでいて思い出したお話、とのこと。

    引用しながら返信です。

    まずはお礼から。
    わたしは、吉野さんが茶色の(パソコン画面では)fc2のk's labo blogの時からの隠れ常連なんですけど
    そんなに昔から! ありがとうございます。
    懐かしいですね。あの頃はまだ占星術の記事を真面目に書いていましたっけ。
    今はプライベートで歴史の話を始めるなど、変な方向へ行ってしまいましたが……。未だ見捨てずに通ってくださって感謝です。

    (解説:たしか2014年頃。当時、占星術サイトの付属として『k's labo blog』を運営していました。そのときの背景色が確かに茶色系でしたね。今のブログ『我ここ』は、元々プライベートとして小説の裏話を書いていた場所。管理が大変になり、二つのブログ記事を統合させて今に至る。だから統一感がなくて変なブログなんですね。…すみません)

    吉野さんのホロを初めて閲覧したとき、
    "マンゴーのいた場所"という書籍に
    似ているなと思ったんですよね。

    検索してみました。こちらの書籍でしょうか?

    『マンゴーのいた場所』
    mango.png


    なるほど。共感覚を描いた書籍なのですね。

    私の出生ホロスコープを初めて見たときこの本を思い出したとのことで、鋭いなあと思いました。
    複雑怪奇に入り組んだアスペクトは、確かに共感覚のような過敏さと連動している気がします。
    やはり脳(身体)とホロスコープとは関連しているようですね。それは前記事で書いたように、魂の個性や経験の表れなのでしょう。

    なんかふと伝えたくなったので。
    すみません。
    本の情報はお好きかなと思って。
    はい、本の情報はありがたいです。

    最近の“遠隔・誹謗中傷”を受け私も疲れてしまって、癒しの読書を求めていました。ありがとうございます。勉強にもなりそうですね。

    そう言えば、その共感覚の記事でメモした“色なし”の話。
    掲示板で読んだときは理解が及びませんでしたが、確かに現実にいるかもしれないと最近感じています。
    たとえばここのところ私が眺めて疲れている嘘つき集団をイメージすると、“色なし”です。と言うか黒~灰ですね、あの思想自体も。(彼らが掲げている色は赤だけど)
    付け加えると、嘘をついているあの人たちの目はハニワのように空洞に見えます。魂の光が失われているようです。

    とにかく疲れていたときにメールをくださって、ありがとうございました。
    長年通ってくださっている方がいるということを知り、とても励みになりました。
    “色なし”ばかり眺めて疲れている場合ではない!と思います。
    軌道修正して、色のある世界へ戻りたいです。

    【重要な関連記事】片頭痛や共感覚でも、前世記憶があっても、統合失調症ではありません
    関連記事

    2015年~カウント: