我傍的な話(裏話・実話を絡めた歴史空想話)

    軍事の話は別館のほうで触れています【記事ご案内】

    最近また少し歴史ジャンル(三国志ジャンル?)の方々による閲覧が増えたでしょうか。ありがたいことです。

    今まで騒がれるのが怖くて潜伏してきましたが、別館で書いている通りの事情…歴史捏造に抵抗するという目的のため、自分を広告塔にせねばと思っています。
    (と言っても元来、自己アピールが下手なもので。相変わらずこんな低空飛行ですが)
    悪口の集中砲火を浴びることになっても構いませんから、各所で宣伝していただけるとありがたいです。

    それで。
    仮に私が“奴の生まれ変わりかもしれない”と疑われるとすれば、やはり最も興味を持たれるのは軍事の話なのではないでしょうか?
    現にここでも最近、軍事タグの閲覧数が上がっています。

    しかしお気付きかと思いますが、ここで私は軍事・政治の話をなるべく避けています
    当ブログには占星術やスピジャンルの記事を読むため来られている方が多く、キナ臭い話は読者様のご迷惑になるからです。
    あと、私自身もここで軍事・政治話をする気になれません。
    現実的な話で汚してしまった場所では、二度と気楽な話ができなくなるもの。私も気楽な話をする場所を失いたくないので、ここは今のままフワフワした話をする“安息の”プライベート圏として守っていきたいと思っています。

    〔都合によりこの記事だけ当ブログへ移動しました。『山本五十六が優秀でも、日本人全体は戦略苦手と言えるでしょう』

    もし軍事の話をお求めでしたら、別館で少し書いていますので捜索してください。

    たとえば
    ~戦は『孫子』の劣化版、生兵法【古典で読み解く現代】
    とか。
    その他、別館の軍事タグで漁っていただければと思います。

    ただこれらも、あまり本気とは言えませんね。あくまでも歴史雑談コラムとして書いたものです。

    そもそも私は現代で軍学を学んだことはなく、知識も一般の雑学程度です。
    だから、軍事について本気で書いたとしても雑談コラムの範疇を超えられないだろうとは思います。
    それでも感覚的に分かること・今現在抱いている自分の主義を織り込んで書いています。
    地味な主義で申し訳ないですが、過去の私の考えもおそらく似たようなものだったはず。参考になれば幸い。
    関連記事

    2015年~カウント: