-
・translate 翻譯
『世界の街道をゆく』で、「三国志の道Ⅱ」が放送されていたらしい。知らなかった……。

⇒世界の街道をゆく 三国志

今回は四川(蜀)ですか。
そうですか。

私は個人的事情によりまた具合が悪くなってしまいそうなので、家族のいる場で目撃せずに済んだのは良かったと思っています。
(先ほど見かけた限りでは陳寿の家が映っただけだったためまだ救われました)

正直に言えば、見たいことは確かなのですがね。
有料にてバックナンバーを販売していただけないものか。家族がいない場で一人でじっくり見たいものです。


前回の『街道をゆく~三国志の道』では激しく興味を惹かれるほどの映像はなく、ただ現代中国人の観察として面白く見ることができました。
たとえば、取材スタッフを温かくもてなす街道の人々、等。
現代中国人には幻滅することが多い私ですが、内陸のほうは未だに昔ながらの素朴な精神が残っているのだなと知ってとても嬉しかったのを覚えています。

他に印象に残っているのは諸葛亮の故地である隆中が、「恋愛スポット」になっていたこと。
なんでも恋人たちは、諸葛亮と劉備にあやかり、湘南(日本)テレビ塔の鍵のごとく「赤い糸」を結び永遠の愛を誓うのだとか。
衝撃かつ複雑な映像でした。笑
※念のため、上記「恋人たち」は男女の異性愛者です。突っ込みどころ満載だな中国人は…

そんな感じで、四川も罪のない面白映像ならいいなと期待してはいます。
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com