ご感想・メッセージへの返信

    ミスティック・レクタングルなど、才能の話【6/9 I様メール返信】

    2022年06月09日にメールをくださったI様へ。遅くなりましたがご質問、回答です。
    はじめまして。クリエイターをやっているIと申します。
    複合アスペクトについての記事を閲覧しました。
    1点のみ質問があります。
    私の出生ホロスコープは冥王星・海王星・金星・MCがミスティックレクタングルになりましたが(蠍座・山羊座・牡牛座・蟹座)、これは「芸能やクリエイティブ関係の才能」があるという認識でよろしいのでしょうか?
    金星も海王星も芸能関係の星で、これに冥王星とMCが加わるということは、普通ではないと推測しましたが、どうなんでしょうか?「ナルト」作者の岸本斉史さんはAC・MCを含めたミスティックレクタングルを持っています。
    はじめまして、I様。当ブログへお越しいただき、ありがとうございました。
    しばらくお騒がせして回答が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

    >「芸能やクリエイティブ関係の才能」があるという認識でよろしいのでしょうか?

    そうですね。一般的なミスティック・レクタングルの解釈として、そのような認識で良いと思います。
    他にも「加護を受け危機なとき救われる」、「インスピレーションが高い」、などの意味を表します。

    すでにクリエイターとしての道を歩まれているなら、ホロスコープがその道に太鼓判を押してくれていると言えるでしょう。
    おそらく心の導きに従って選ばれた道なのでは?と思います。羨ましい限り。

    クリエイティブな才能として見た場合、地と水の星座でこのアスペクトを形成されていることから、現実にはたらきかける表現に長けると考えられます。
    偉大な芸術家は水星座が強いもの。もしその惑星が強ければ、情感的な表現で人々に訴えかけることも可能でしょう。

    このように地と水が強い方は創作活動が現実の収入につながりやすくなりますが、他の惑星との関係により一概には言えません。
    職業として“成功するかどうか”(つまり稼ぐことができるか)は、また別の個所で見ます。
    シンプルに考えるなら自力で稼ぐ財力は2室で見ますし、6室も生活のための仕事として捉えた場合は重要です。

    >金星も海王星も芸能関係の星で、これに冥王星とMCが加わるということは、普通ではないと推測

    ふむ…。確かに尋常ではない。

    私が思うに、MCがミスティックレクタングルの一角を成すだけで「天職」の象意が強くなります。
    さらに冥王星が絡むとしたら、自信を持ってその道を続けられた方が良いと思います。
    たとえ莫大な富にはつながらなかったとしても、ライフワークとして魂の底から満足できる(他の人も満足させられる)活動になるでしょう。

    ただホロスコープは方程式のように、必ずいつも同じ結果が出るとは限らないもの。
    惑星が尋常ではない才能を示していたからといって、過信はせずに心が求めるものを追求されてください。

    「予定は未定」という言葉もあります。(この場合にふさわしいかどうか分かりませんが)
    ホロスコープはあくまでも出生時の才能と、人生の方向性を示す計画書。
    計画を実行していくのは、今ここに生きるあなた自身です。

    たとえば私は、生まれ持ったホロスコープでは「戦略家」としての尋常ではない才能を持っていたようです。
    しかし、全く活かせていませんよね。笑
    これは私が自ら戦争の道に背を向けたからです。
    (現代日本で戦略の才能を活かす道はほぼ無いに等しいから、でもありますが。コンサルなどでも活かせなかったことは反省しています)

    才能というものは積み重ねの結果です。
    超能力のようにある日とつぜん湧いてくるものではありませんので、続けていくことが大事です。

    それはともかく、ホロスコープが示す道を現実に歩むと決めた人は幸福だと思います。
    苦しいときもあるかと思いますが、ぜひ辞めないで続けていかれてください。
    関連記事

    2015年~カウント: