神秘・占星術

    MC×太陽が合の場合、ミスティックレクタングルについてなど占星術の発見ご報告

    こちらはご質問ではなく、読者様が占星術について気付いたこととしてご提供くださった情報です。
    公開のご同意をいただきましたのでここに引用致します。

    L様より。まず冒頭文から。
    こんばんは。お忙しい中すみません。
    自身のネイタルをサビアンも含めて考察した上で、発見したことをお伝えしたいと思い、メールを送信致しました。稚拙かつ独断と偏見ばかりかもしれません。それでも今回の発見の一片が誰かにとってのネイタル考察の一助になれば幸いです。
    冒頭から筆者を気遣ってくださる、大変ご丁寧なメールをありがとうございます。
    ここのところ人間性ゼロの暴力的なメールの相手をしていたため、まともな“人”らしい文章に触れ、深呼吸ができる想いでした。

    (次項目からが占星術のお話です)

    MC×太陽の合


    ・太陽とMCが0度で、火星も0度の位置にあります。MCと太陽が重なると、逆に人生の方向性に苦しむ傾向があるのかなと思いました。私自身がそのような傾向にあるため、上記のように推測しました。(ですが、私は〔カット〕かつ現行の土星がICと重なっているため、勘違いの可能性が高いかもしれません。)
    度数は伏せました。
    なるほど太陽・MCが完全に合(コンジャンクション)で、火星も2度離れて合ということですね。
    (おお! なんだか凄いホロスコープ)

    人生の方向性に迷うことがあるか。
    それは……どうでしょうか?
    方程式通りに読むならば、むしろ今の人生の活動エネルギー(太陽)が人生目標(MC)と一致しているということですから、おそらく「天命」が自覚されたときには脇目もふらず突き進めるのでは? 

    人生の方向性に迷いがちなホロスコープとは、MCが何かしらに妨害されている=ハードアスペクトが強い場合だと思います。

    または、ASCと太陽が180度などハードなアスペクトで、太陽エネルギーを使いこなすことが困難な場合も才能が活かしづらくなるかも。結果として、「道に迷う」状態になりやすいでしょう。たぶん筆者がこのパターン。(他にも「封印」などの根拠はありますが)
    太陽エネルギーを活かすのは誰にとっても難しい。だからこそ訓練して使いこなすのが「課題」となるのですが、この課題をクリアできないとMCの目標へジャンプするのはさらに大変となります。

    MCの位置に太陽がある場合もASCと90度の確率が高まり、ハードとは言えます。やはりエネルギーを使いこなすのに多少の訓練が必要かと思います。(追記:その代わり使いこなせた場合、目標に直接エネルギーが注ぎ込まれるので脇目もふらず突き進めると考えられます)

    >勘違いの可能性が高いかも

    トランジットの影響も確かにあると思いますね。だとすれば時が過ぎることで霧が晴れていくはず。
    土星は確かに障害となりやすいです。一般的にはサターンリターンの際に人生の道に迷う、とされます。
    ICと重なる場合は、自分のルーツなど根本的なところで迷いが生じやすくなるかもしれませんね。

    L様の場合は、太陽×MC×火星の合などと滅多にない配置をお持ち。たぶん相当に大きい目標を抱えてらっしゃると思います。
    焦らずにスイッチが入る時を待たれたほうが良いと思います。

    天王星とICの合


    ・天王星とICが0度(オーブ1度未満、度数は異なる)は占星術を用いて人生を考察する傾向が高くなると推測しました。家庭環境は穏やかで移動や離婚等の変化はなく、過去生や先祖との関わりも濃くはないのではと思いました(そもそも過去生は知らない状態)。
    天王星とICも合。
    うわ……、と思わず声を出してしまいました。本当にめずらしいと言うか、凄い配置だと思います。特にMCとICの対で、重要天体の合があるのは意味がありますね。たぶんこの二惑星が「今この時点に生まれた理由」に関わってくると思います。

    一般には、ICに天王星の合は「先祖・家族・国家(そのほか共同体)の変革に関わる(立ち会う)」などと読めます。
    もともと自分のルーツにはなじめない人が多いらしく、そのために変わり者扱いされることがあるとか。仰る通り先祖との関わりも深いものではないようです。

    占星術を用いて人生考察をされたりしているのは、幼い頃から集団と距離を置いて眺める癖があったからでは?

    ミスティックレクタングルについてなど発見


    自分のルーツに納得している人は立ち位置に疑問を抱きませんし、観察する必要もないのだと思います。
    ・複数のチャートを照合した結果、MC,IC,Vt,Avが、大まかにミスティックレクタングルの配置にあることに気付きました。私は上記4つの感受点が同じ度数のため、何か意味ありげに感じました。
    なるほど… 気付きませんでした。
    人により、また生まれる地域によってズレが大きくなりますが、何か意味があるかもしれません。
    公開することで多くの方の考察が進むかもしれませんね。
    ・以前トールハンマーの頂点が海王星であることを話しましたが、その海王星に月が0度でした(オーブが2度のため、月はトールハンマーを形成しません)。また、海王星と月に木星が180度でした。ヨードでいうブーメラン状態のトールハンマーとなります。かなり私のファンタジー脳を表しているように思いました(笑)過度にならぬよう、気を付けようと思います。
    そうでしたか、海王星に月が合で、しかもブーメランハンマー!
    「ファンタジー脳」…それは創作にも活かせるかもしれませんが、もしかしたらスピリチュアル的な直観力も高いかもしれません。今のところどうですか?
    180度を形成しているのが木星とのことで、よくコントロールを定めて飛ぶならば遠くまで行けることでしょう。

    姓名判断と宿、西洋ホロスコープとの一致


    ・こちらは余談になりますが、姓名判断(30画)と虚宿(私の宿)の解釈に類似点が幾つか見られました。また、〔氏名の字からも〕占術の繋がりを感じました。非常に興味深いなと思います。
    〔〕は筆者の付け足しです。ご氏名に関わる話は伏せました。

    参考…
    姓名判断30画(別サイへトリンク)
    虚宿の解釈(筆者別館)

    確かに共通項がありますね。
    僅かなネイタル・ホロスコープの情報からも、共通の象意が読み取れます。ホロスコープのほうが前向きな象意ですが。

    このように起源の異なる東西占術で似たような象意が出るのは、本当に不思議なことですね。
    人によっては共通項が全く出ない場合もあるので、こうして象意が繰り返される場合は、何かお役目を担うだけの強い個性(運命)をお持ちだということになるでしょう。

    もし女性でしたら失礼な表現かもしれませんが、とにかく「大物」な印象を受けました。
    見た目や実人生に表れているかどうかは別として、運勢がドラマティックです。
    おそらくそのように大きなエネルギーを持って生まれなければ、叶えられない目標があったのだと思います。
    なるべくその大きなエネルギーをコントロールできるように、どうかご研鑽ください!

    貴重なホロスコープの情報をありがとうございました。他の読者様にもきっと資することでしょう。

    小説ご感想


    最後に恐縮ですが、拙著に関してのご感想も引用させていただきます。
    (追記)
    「僕が見つけた前世」を読了し、今は「我傍に立つ」を読書中です。吉野様のブログから伝わってくる信念がより深く伝わってきます。吉野様の強靭な信念に感動し、私は自身の人間の小ささに気付かされます。心に沁みる要素が幾つもあり、良い学びになりました。素敵な小説を、そして言葉の数々をありがとうございます。
    こちらこそ感謝ですよ…。

    “強靭な信念”と仰ってくださり嬉しく思います。過去に出会った人々への感謝があるため、退くわけにはいかない。それで強く気持ちを保とうとしています。
    それでも、ここのところは孤軍奮闘。多勢に無勢(過ぎる!)疲れてきました。前世と同じ轍を踏まないよう、健康には気をつけなくてはと思っています。
    休みながら活動していくので、見捨てないで見守っていただければ幸いです。

    今、読者様からの温かい励ましのお言葉が何よりの救いとなっています。感謝致します。

    このたびはメールありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。
    関連記事

    2015年~カウント: