我傍【実名版】 お知らせと裏話

    〔我傍・実名版〕第二章 出会い3 公開しました。大きな変更について

    『我傍に立つ【実名版】』第二章『出会い』3、小説家になろうで公開しました。

    小説トップ

    今回の更新ページ 「第二章 出会い」3

    誤字や誤記、注釈の番号などに誤りがありましたらお知らせください。
    (歴史解釈の改変の求めには応じません)

    以上定型文です


    ようやく起承転結のうち「起」まで書き終わりました。
    ここまで長かったなと思います。(勉強と構成の時間を含めて)

    物語はまだまだこれからですが、絶対に書かねばと思っていた出会いの場面を文字で残すことができて胸を撫でおろしています。

    旧作・架空史のほうの『我傍に立つ』読者様は、大きな設定変更があったことにお気付きでしょう。

    単に「実名化によって記録文が追記されただけ」に見えるかもしれません。でも実はそうではなくて。
    これは私がずっと抵抗していた史実を受け入れたという意識の変化を表しています。

    変更した理由についてはまた朝に書きます。旧作読者様向けの話だから、要パスワードにて。
    (今0:29。いったん寝て起きてから書く)

    それにしても記録文を引用しますと、仕方のないことですが固有名詞のオンパレードで参りますね。
    注釈(※印)の多さに著者本人が慄いています。

    大丈夫でしょうか……?
    無理な方は飛ばしてください。
    引用した台詞はほぼ『正史』ママですから、歴史の学習にはお役に立てるはずと思います。

    では、今宵はお知らせまで。おやすみなさい。
    関連記事

    2015年~カウント: