我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。小説裏話、前世+占星術
 メニュー・新着

-

難し過ぎる第三章、現代語でざっくりまとめてみました

すでに小説投稿サイトの近況ノートでお知らせしている通り、『我傍に立つ【諸葛孔明 自伝風】』の難し過ぎる第三章を読み飛ばす方のために、ざっくり話をまとめてみました。

カクヨム近況ノートより:
『我傍に立つ【諸葛孔明 自伝風】』第三章『我が君、劉備』は小説らしくない文となり、難解な内容となってしまいました。

初心者の方には第三章の読み飛ばしを推奨しますが、飛ばしてもストーリーが分かるようにあらすじを置きました。現代語の簡単なあらすじです。

作品目次>解説>第三章を読み飛ばす方のためのスピード解説

またはURLコピペ移動↓
https://kakuyomu.jp/works/16817330665296071072/episodes/16817330667477116856

小説としてはちょっと反則ですが。
この物語の理解を進めるためにご活用ください。
なろうの解説ページはこちら。
https://ncode.syosetu.com/n6927ih/4/

特に当ブログ読者の方、前作『我傍に立つ』読者の方は『三国志』に馴染みのない方がほとんどでしょう。
第三章は難しい漢字名のオンパレードで、めまい・吐き気を覚えている方がいらっしゃるのではないかと思います。

大丈夫、それが普通の反応です。
この章だけで理解できる人は皆無だと思います。
私自身、もし『三国志』に関わりなくこの小説で初めて触れていたら、第三章だけで読解することは不可能です。

はじめこの章は三国志ファンしか読まないだろう… と考えていたのですが、三国志ファン以外の方もがんばって読解しようとされていることを知り、今回のあらすじを置いてみました。

この現代語あらすじで、劉備という人の「これまで」をなんとなーくイメージしてもらえれば嬉しいです。

関連記事


My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

→要パス記事一覧
(検索では表示されません)

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

筆者へ連絡:★コンタクト

検索フォーム

管理者 別サイト

過去ログ v Co リバース

メモ帳

Mastodon
Tumblr更新は終了しましたが保存として置いておきます

    現在位置

    トップ > 我傍【実名版】 お知らせと裏話 > 難し過ぎる第三章、現代語でざっくりまとめてみました

    このブログはPG12です。→保護者の方へ