-
・translate 翻譯

「諸葛亮の星座は、何座?」の回答を素早く知りたい方はこちらへ →ショートカット回答



〔目次〕
誕生日のグレゴリオ変換
大まかな出生時間の推測方法
悪い例
正史から推測するアセンダント
ハウスで絞り込む
アスペクトで絞り込み、確定 :ホロスコープはこちら
資料 後世評価



まずは誕生日のグレゴリオ変換から

諸葛亮は古代人としてはめずらしく正確な出生日が記録されている人物です。
特に占いで人が殺せると信じられていた東洋では、ほとんどあり得ないこと。
記録されていたとしても後世に捏造された情報ばかりなのですが、この人物の出生日情報に限っては、私は信用できるものと思います。


理由は後述するように人格や人生と合致していることが第一。
また他でも書いた通り、「誕生日情報は諸葛亮自身が流した情報だと考えられるから」です。積極的に流したわけではなく、漏洩しても気にしなかった。
おそらく私と同じように占いの知識があったので、「誕生日情報が漏洩したくらいで死にはしない」と考えていたはず。
占いを知っていれば誕生日を敵に知られても怖いことなど何もない。――現代は占いと関係なく、誕生日を他人に知られると直接的な危険があるので困りますが。



本題。
こちらが諸葛亮の出生日です。


 諸葛亮の出生日: 光和4年7月23日


まずはこの出生日をグレゴリオ暦に変換します。
100年以上前の東洋暦からの変換はスペックの高い計算ソフトでなければ無理なので、ウェブ上の計算システムは使わないように気を付けてください。
(下の変換計算はプロ占星術師の秋月さやか先生によります)


 グレゴリオ暦変換: 西暦181年8月19日


※中国のネットライターが書いた記事で「諸葛亮は双子座」とか「乙女座」といった説が流布されていますが、誤りなので信じないでください。旧7月23日を「グレゴリオ暦9月17日」と変換するのは誤りです。参照→三国志キャラの星座を考えてみた


大まかな出生時間の推測方法

出生時間が分からない人物のホロスコープ推測は、私は次の方法で行っています。
※このアセンダント推測法の前提として、「アセンダント星座(サイン)が無意識時の本質性格を表す」という考え方があります。


・行動パターンから、活動/柔軟/不動を判断してアセンダント星座を大まかに絞り込む
・同じく行動パターンと性格から、アセンダント星座を推測する(性格が分かっている場合。身近でよく知る人であればこの方法が分かりやすい)
・本人からしか情報を聞けない場合、アセンダント性格に本人は自覚がないことがあるので月星座で絞り込む(ただし会ったこともない人の月星座の絞り込みは難しい。概ね本人からの依頼では確定できないことが多い。本人は出したい情報しか出して来ないため)→これはメール交流さえない方から、「私のアセンダントを推測してください」という依頼が来た場合について書いています。ご本人からの申告だと情報が作為的になり、勘違いも多いので、推測不可能だということです。
・ハウスと惑星で絞り込める場合がある。特に第6室の「病気」、第10室の「社会的役割」は著名人なら情報を手に入れやすく分かりやすい
・著名人の場合、MC度数とカルミネート惑星で決定的に出生時間を絞り込める場合がある
・ASCとMCを加えたアスペクトで絞り込んでいく
・DSCにその人の人生の全体的イメージ(他者から見たイメージ修正:その人が生きた結果として周囲に起きた影響)が表れるので、年配者や故人ならDSCのサビアンシンボルでASC度数を確定しやすい


もっと詳細に絞り込むには、その人の人生に起きた事件と経過や進行などを照らし合わせます。ただしこのやり方は時間がかかります。また人生結果が確定した故人でなければ難しいはず。
歴史人物は「故人」ですが、フィクションの思い込みによるこじつけに影響されやすいですね。
このため、文章化された記録から人格を手掛かりとして先にアセンダントを推測することが望ましいです。


言うまでもなくフィクションの知識は徹底排除することが必要です。


悪い例


https://www.moonlabo.com/akizukisayaka/fantasy/?OpDv=cl200905

上記事で秋月さやか先生が行った諸葛亮の月星座推測、
「孔明は口先三寸の詐欺師で性格悪いから双子座かもしれない」※
「現実主義者で役に立たないものには興味がないから牡牛座でしょう」
「孔明は周瑜を憤死させた」
このようなフィクションの知識で鑑定するのはもってのほか
フィクションで分かることは、そのフィクションを創作した者の頭のレベルくらいです。
現実人物を分析する時は、現実の記録に当たるという最低限の手間を惜しんではならないと思います。当たり前のことですが。


※「双子座は詐欺師で性格悪い」、この言い方は差別的です。双子座の方全員に失礼と言えます。それに「性格悪い」は主観に過ぎず、何の根拠もありません。
(書き加えておくと、秋月先生は曹操の熱烈なファンであるため、敵対するフィクション・キャラクターとしての諸葛亮の悪口を言いたいだけです。そんなファン心理から全ての双子座を巻き込み、双子座の悪口を言うとは、占星術師としていかがなものか)


 この話をもう少し詳しく。>>秋月さやか先生の双子座差別と、歴史雑談


正史から推測するアセンダント

【諸葛亮の現実性格】
諸葛亮のホロスコープ推測の手がかりとすべき現実の人物評は次の通り。


1.臨機応変が不得手で政策の方向転換が出来なかった
2.独特の発想をする(新奇の工夫が得意)
3.公平無私


同時代の歴史家たちの評。
※主に参考とした歴史家の書: 陳寿著『蜀志』、『諸葛亮伝』


原文訳

…このように蜀の国内では皆が彼を敬愛し、厳格な政治が行われたにもかかわらず恨む者がなかったのは、彼の賞罰が公平で、賞罰が厳正だったからである。…
 しかし、連年、蜀の軍勢を動員しながら、ついに目的を達成することができなかったのは、臨機応変の戦術に長じていなかったからではあるまいか。 全文訳
短い評価ながら、アセンダント星座を推測するには充分と言えるほどポイントをつかんだ人物評だと思います。


【アセンダント星座の大まかな絞り込み】
月星座は省きます。
1の評「臨機応変が不得手」から、アセンダント星座が不動宮であることは間違いないと思います。
不動宮のうち、「2.独特の発想」「3.公平無私」というキーワードがあれば占星術をやる者ならすぐに水瓶座と思いつきますが、直観だけでは間違っているかもしれないのでここでは当たりを付ける程度とします。


ハウスで絞り込む

【ハウスによる絞り込み】
アセンダントを水瓶座とした場合、獅子座の太陽は第7室に入ります。
第7の太陽は人との結びつきを表わし、生涯の伴侶を得やすいホロスコープとなります。
この第7室の太陽だけでも、かなりアセン水瓶の可能性は高くなると思います。


《追加の解説》
この人物についてよく知らない方へ: 史実上、この人物は主君である劉備(りゅうび)と深く信頼し合ったと伝えられています。劉備の仲間たちとも同じく深い絆を結んでいます。第7室に太陽を持つ人の人生として標本になるような人生ではないかと思います。
なお第7室は一般に「結婚の室」とされ、夫婦関係を見るためだけに使う人もいますが、第7室が表す「他者」とは異性だけとは限りません。第7室に太陽があればビジネス上でも「かけがえのない」ベストパートナーが表れやすいのは事実です。


アセン水瓶としたとき第10室始まり(MC)は射手座前半、戦争を表わします。
またここには木星が入り、カルミネートとなります。著名となる人のホロスコープには多く見られるカルミネートです。これは決定的です。


特定の疾患はなかったので分かりづらいのですが、アセンを水瓶半ば~魚座半ばとした場合には第6に土星が入ります。このことは「重責」と「部下に足を引っ張られること」を表わすので、これも手掛かりとなるでしょう。
土星を考えたとき、もしアセン水瓶だとすれば半ば以降で確定でいいと思います。


追記 さらに、死亡時の太陽は天秤座にありました。トランジット冥王星もヒットしているのですがただそれだけで死ぬとは考えにくいので、死亡時に太陽が第8室を占める星座にあったと考えるのが妥当です。上で推測した通りASC水瓶座半ば以降であれば、天秤座は8室となります。/プラシーダス等



アスペクトで絞り込み、確定

【アスペクトで絞り込む】
たいていの人物はここまで推測すれば充分で、あとは追々事件と照らし合わせながら推測していくことになるのですが、諸葛亮の場合は分かりやすい時間がありました。


それが、グランドトラインが上下に重なる(グランドセクスタイル)時間です。
(オーブ広め。竜頭や冥王星などを入れているため、象意としてはものすごく弱いが)
木星カルミネート×グランドセクスタイル、と来れば、もはやあのような人生は避けられなかったと言えるでしょう。


グランドトラインのある人生は、一度起こった事象が次から次へと展開していくものです。
これが二つ重なれば運命が膨れ上がり、本人にはコントロール不能な人生となるはずです。
天に愛され幸運であることは間違いないのですが、「ピュア過ぎてバカ(正直者)」とも言われる性格タイプとなり、生きるには辛いホロスコープです。


諸葛亮 孔明ホロスコープ

※出生地の緯度経度は正確に分かりませんが、仮として「中華人民共和国山東省臨沂市内」で設定しています。アスペクトはお手持ちの占星術ソフトで表示してください。ノード表示(アスペクト有)・ASC表示(アスペクト有)・オーブ広めに設定すると見えます
 ⇒グランドセクスタイルだけ抜粋


【ASC度数を絞り込む】
以前に推測したときはここまででしたが、度数まで絞り込むとしたら何度になるでしょうか?


グランドセクスタイルになる時間として候補は
 ASC 水瓶座 13、14、15、16
となります。


以前、「ASCは他人として遠く離れた視点から見る場合は分かりづらい」と書いた記憶がありますが、MCでもやはり迷うものがあります。


DSCのサビアンを見ると獅子14度が「山車」、有名人として祭り上げられる度数なのでやはりこれが近いのかな。


冷静に考えれば「ラブバード」もそのものです。
むしろ同じ度数を持つ筆者よりも遥かにはっきりと実現している。


うーん…… 
結局、私には分からず確定できません。


さすがに14度と思うのは私は個人的に抵抗あるのですが、皆様どう思われるでしょうか?


もし「ホロスコープは出生時の過去評価と人生計画を表わす」説(私の考え)が正しいなら13度、DSC「表現の機会を待つ人間の魂」が妥当。
「ホロスコープは人生の結末を表わす」説(松村説)が正しいなら、DSC「山車」の14度が妥当かな。




〔以下は付録で、初訪問の方向け。〕

諸葛亮の星座は何? という質問のショートカット回答


諸葛亮の誕生日は今の暦に直すと、西暦181年8月19日となります。(プロ占星術師による信頼に足る計算)
これにより、太陽星座は獅子座だったことが分かります。
獅子座は「明るい性格で派手好き、リーダーシップ抜群」と言われる星座。
どこが? と思いませんか。
地味なタイプでリーダーの器ではないと呼ばれた孔明には当たっていないように感じるはずです。→リアルな諸葛亮の性格


何故当たっていないのかというと、一般に雑誌やテレビなどで言われている星座とは「太陽」の星座のことだから。実は、太陽星座が性格として当たっている人は少数派です。


おそらく諸葛亮の性格を最も正しく表しているのは、ASC星座の水瓶座です。
これは「合理主義かつ独自視点を持つ天才風」の星座。 
性格から推測したので当たっていて当然なのですが、他の点を考えてもたぶんこれで正解だと思います。
(比較例。ASCと太陽がこのポジションのホロスコープを持つ有名人として、分かりやすいのが米オバマ元大統領です。人道主義者ながら戦争遂行した点、なんとなく似たものを感じます)


※何故、アセンダント(ASC)でベース性格を調べるのか?
 参考 ⇒「基本性格の占い方」 上昇宮 最重要視論


関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり