神秘・占星術

    高次霊は人間界の言語を使えない件

    hiro_jhrfe2.jpg

    高次霊と言語


    小説を書いていて思い出したのですが、まだ前世など想像もしていなかった頃の夢で、少しだけ過去生の名前のヒントを得ていたことがあったようです。

    参考 『僕が見つけた前世』⇒「Age16-April」の最後のあたり
    (現実では17歳の秋頃に見た夢。あまりインパクトのない夢だったので、当時たいして気にもとめていなかった。夢ノートの走り書きに残っていたもの)

    私はずっと、
    「高次元の霊が、過去生の名を教えてくれることは絶対にない。何故なら高次元の視点から見れば、人間界の名前などどうっでもいいことだから」
    と書いてきました。

    現に、私は
    「お前の前世は○○であ~る」
    などという尊大なお告げを受け取ったことは一度もありません。
    どこかの「ボクは○○の生まれ変わりです!」などと名乗ってビジネスしている方が仰るように、「夢で守護霊から前世の名を告げられた」などということは実際あり得ないのです。笑
    もしそんな霊がいたら高次霊でも何でもない。
    自分自身の脳の欲望部分の表れか、近くをさまよっていた低級霊が囁いたものと思います。

    しかし自分の夢を今こうして改めて点検してみますと、ヒントをもらっていたことはあった……のだな。
    私は完全無視していましたが。笑

    と言うよりはむしろ、がんばって伝えようとしていたフシさえあります。

    それで気付いた。
    高次霊が名前を教えないのは「あえて」教えないようにしているわけではなくて、本当に言えないだけなのかもしれない、と。

    どうやら音声言語というのは地上に属するもので、地上に近い存在しか扱えないようです。
    だから、
    「声としての言葉が聴こえたらそれは病的な幻聴か、低級霊の声」
    と言うことが出来るわけです。

    ※彼らのメッセージは音声言語を使わず、意味だけをダイレクトに伝えてきます。ただし彼らの世界に音がないわけではなく、彼らは本性として高度な音楽を持ちます(天界の音楽)。

    彼らがかろうじて、地上との共通語言語として使えるのは
    「数字」 「記号」 「音楽」
    この三点ではないかと思います。
    だから昔の哲学者たちは数学や幾何学、高度な音楽を崇めたのではないかと思います。ピタゴラスが数字を神の言語として崇拝し、プラトンが「幾何学を修めない者はこの門をくぐるべからず」と大学の門に掲げたのはこういう理由です。


    記号と漢字


    ところで、この神々との共通言語のなかで
    「記号」
    には文字も含まれる可能性があります。

    アルファベットもそうですが、アルファベットの場合は組み合わせに人間的な言語力が要るのでなかなか暗号としては使いづらそうな気がします。
    その点、漢字は彼らにとって使いやすい記号と言えるのではないでしょうか?

    西洋人には漢字が幾何学模様に見えるらしいです。
    ということは、彼らにも幾何学模様として見えている可能性があります。

    神々とのコンタクトに使うツールとして、もしかしたら漢字は有効なものとなるかもしれません。

    なお、世界中で漢字を使える民族は、現在では中国人と日本人のみ。
    (韓国では漢字を使える人が少ない)
    スピリチュアルな観点から言えば、日本人は優位ですね。


    名を教えられた理由

    ちなみに夢で高次霊が私の名を教えてきたのは、単に過去生を信じてもらいたかった(=過去生の実在を証明したかった。それで自殺など考えずに前向きに生きて欲しかった)というだけの理由だと思います。

    人間の名が彼らにとって「どうっでもいい」ことであるのは、やはり真実です。

    もし彼らが人間の名を大切に考えているとしたら、まず先に現在の名を呼びませんか?
    過去の名だけ呼んで現在の名を呼ばないなんて、おかしいでしょう。
    (だいたい高次元であるはずの霊が、どうして名前で差別するの? 有名だった過去生の名を「高等な名」としてそれだけ呼び、無名の人生の名を「下等な名」として無視する?? 完全公平なはずの高次霊がそんな失礼なことをするわけないでしょうに。名前で差別するのは人間の中でも最も卑しい人たちのすることです)

    現在の名を呼んでくれないということは、高次霊は人間を地上の名前で個体識別していないということの証明になります。
    関連記事

    2015年~カウント: