我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。『我傍』裏話や前世、軽めの話+占星術
 メニュー・新着

-

動物たちが大活躍! (ゴジラ他、この夏の映画の話)

少し前のベストツイートだが、とても好きです。
「動物たち」って。笑




ついでに映画の雑談。

最近、『ゴジラ』や『ゴーストバスターズ』など童心に帰れる映画が多くて嬉しい限りです。

家族とこの夏に一つだけ映画を観ようと話していて、私は『ゴーストバスターズ』をリクエストしておきました。
『ゴーストバスターズ』は、まさに世代です。あの透き通った緑色のやつとか、マシュマロマンとか、CMで見かけるだけで子供の頃のワクワク感が蘇りますね。昔の曲をそのまま使ってくれているところも嬉しい。あの曲を聴くと「おおーー」と血が沸きます(笑)。
庵野秀明版『シン・ゴジラ』も映画館で見ておきたいなと思ったのですが、ゴジラも庵野も私は世代的に思い出がないし、ストーリーに引きがなさそうなので次点。余裕があれば見に行こうと思う。

昨夜、テレビで昔の『ゴーストバスターズ』が放送されて思わず見てしまいました。
今見ると映像があまりにもチープ。あんな映像でも、子供の目にはリアルに見えたのだから子供の脳って凄いなと思います。荒い映像部分を脳で補って作り替えているんですね。(それを考えると、あまりにも完璧な映像をCGで創るのはまずいんじゃないかと思う。子供の脳が退化するのでは)
映像はチープですが、今見てもストーリーが面白い。昔のハリウッド映画はシンプルでジョークがきいていて、楽しさだけを追求していたんだな。良い時代でした。
大人の目で見てみると旧『ゴーストバスターズ』には『エクソシスト』や宗教を皮肉る台詞・場面があったり、刺激的な台詞もあり、子供には理解不能なところが多かったようです。私も子供時代には半分も意味が分かっていませんでしたが、それでも面白かったのだから凄い。良い創作物の共通点として、「細かい話の意味が分からない子供でもはまる」ということがあります。
映像技術だけではなく、このストーリーの本質的な良さを新版では再現できているのかどうか。がっかりしたくないのであまり期待はしないでおきますが、とにかく子供時代のワクワクを思い出せるだけでも有り難いことですね。

ところでこうして子供時代の風物に触れて気付くことは、自分の子供の頃は案外楽しかったのだなということ。
ただひたすら貧乏だったというだけで(笑)、それほど悲惨なわけでもなかった。イジメも親からの虐待もなく、優しい友達に恵まれていた。平和で明るい、良い子供時代でした。
関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 現代世間話 > 動物たちが大活躍! (ゴジラ他、この夏の映画の話)

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】