神秘・占星術

    一つ前の星座には勝てない説

    久しぶりに占星術の話。

    鏡リュウジのツイートに興味を抱いた。




    これは論理的な話ではなくて、トップクラスな占星術師の体験的な話だと思うんだよね。
    しかも太陽星座に限った話。

    通常、星座の流れで考えれば一つ前の星座は「超えている」はずなので、どちらかと言うと見下ろすイメージ。
    相手の手の内は分かっているから、軽く見ることはあっても「勝てない」ことはないはず。

    この論理はASCだと実感として分かると思う。

    たとえば私で言えばASC水瓶座なので、山羊座の独裁タイプは「見下ろす」感じ。
    文字通り、鳥瞰(水瓶座)と地上視点(山羊座)であるから「見下ろす」と言う喩えはこの星座関係に限ってなのかもしれないが、誰でもASCで一つ前の星座には「勝てる」感覚があると思われる。
    この感覚は「軽蔑心」とか、「反発心」という感情で表に出て来る場合もある。
    思春期の子供が親に対して持つような感情に似ている。
    (親は思春期の子にとって「超えるべき存在」であり、親の生き方を見切って軽蔑しなければ新たな時代を生きられない)

    しかし、太陽星座は今世だけの仮のポジションなので、一つ前の星座を見切っているわけではないし「超える」立場にいるわけではない。
    また、超える必要もない。
    一つ前の星座は偉大な相手として存在し続ける。
    だから太陽星座では、一つ前の星座には勝てないのだと思う。

    私の場合(獅子座)で言うと太陽で一つ前の星座は、蟹座。
    なるほど……確かに蟹座の人は想定外に優しいし、自分の分からない人情の部分が多くて「勝てない」と感じる。勝とうとも思わず、ただ尊敬心から頭を垂れるだけ。

    しかしこれも微妙で、私が想像する「蟹座の人」とはあくまでもASCで蟹座の人。
    太陽で蟹座の人には特に何も思わないかも……スミマセン。

    皆さんはどうですか?
    太陽のみで思い当たりますか、それとも太陽から見て相手のASCで思い当たりますか?
    関連記事

    2015年~カウント: