神秘・占星術

    冥王星は「魂」なのか?

    メモ。
    いずれきちんと書くが、「冥王星こそ魂を表す惑星だ」という説がある。
    やはりこういうのはニューエイジが流行した時代の、アメリカにおける説だったかな。(間違っていたらすみません)

    冥王星が惑星から降格した今では、冥王星を重視する思想が少しだけ色褪せてしまった。
    もちろん占星術的に冥王星が重要なことは言うまでもないが。

    そもそも太陽や月などと同次元の「惑星」が魂であると決めつけることに、違和感を覚えてしまう。
    魂は地上から離脱した次元存在だから、地上で生きるための「太陽」「月」などの惑星と次元が別でなければおかしい気がする。

    それはともかく、冥王星が輪廻転生に何か関わるかも……という推測はある意味で私の直観に合う。
    「魂」は違うという気がするがね。

    ※たとえば私だったら、人付き合いが抜群にうまい天秤座が「魂」だって? 人付き合いがうま過ぎてオリジナル性を見失うこともある? 激しく違う気がするなあ。前世でも、明らかにそんな常識人ではなかった。笑


    推測だけど、冥王星は「前世からの続き」を表しているのでは。
    月も「前世からの続き」ではあるのだけど、月はあくまでも地上での個性としての表れ。
    冥王星は、「前世の死後のポイント」。
    今世はその死の続きだから、今世・冥王星の位置は前世で死んだ時の太陽に近い位置からスタートするのかもしれない。

    言わば、RPGで言うところの「セーブ」ポイントかな?

    概念上の時空を表わすポイントが、地球では黄道上の冥王星として翻訳されて表されるのだろう。


    続きの分析:⇒冥王星は、前世でログアウト(死亡)した月日かもしれない説 (要パスワード記事)

    関連記事

    2015年~カウント: