我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。自作品『我傍に立つ』裏話と世間雑記、占星術メモ
 メニュー・新着

-

謎 『後出師表』は誰が書いたのか?

まずは(今の)私自身についての雑談から。

先日、占い館のほうで
「あなたの文章は乱暴で不快だ!」
という悪口メールをいただいて心の底から驚いてしまいました。

何故なら、私は長年これとは全く逆のご叱責ばかり浴びてきたからです。

子供の頃から不思議と文章だけは褒められてきた私でした。
しかしインターネットでは、「大人から褒められるような文」は堅苦しく浮いてしまいます。

サイト運営していくなかで、私はこの文について数々のクレームをいただいてきました。
クレーム者 曰く、
「あなたの文は重箱の隅を突くように四角四面で、不快だ」
「美文過ぎて気持ち悪い。かっこつけんな」
「綺麗な言葉ばかり並べやがって、心が貧しいからだ」
等々。
 
言い訳すると、別に美文を目指してかっこつけて整えていたわけではないのです。
もともと現実において、くだけた会話が苦手な人間なので、頭の中の言葉を文章にすると自然とこうなってしまうというのが真相です。
少し前に流行ったような「絵文字」を駆使した、親しみやすいブログ文を書くスキルもありません。

出来ないのに無理をしてそういう絵文字を駆使したブログを書いても気持ち悪いでしょう。
だから何を言われようとも自分なりの素直な文を書いてきたのですが。

さすがに最近はクレームを意識して、くだけた文を書くように努力していたところはあります。

特に占い館のほうでは、ややこしい内容なので分かりやすさを重視して会話文に近い文を心がけていました。
また刺激的な意見を主張するため、多少強い表現となっていたところはあります。
結果、
「乱暴な文章の人!」
などと言われるようになってしまいました。

このように同じ人間なのに、時期や立場によってまるで別人が書いたような文章となってしまうことがあります。
だから筆跡鑑定のように「文章鑑定」で本人確認するというのは、難しいのだと思います。


……前置きが長くなりました。

三国時代、諸葛亮に関する謎は数多くありますが、何かと関心を持たれることが多いのは
『後出師表』は誰が書いたのか?
というテーマではないでしょうか。

『前出師表』については、本人が書いたものであることに異論はないようです。
近い時代の人々が『前出師表』を話題にしていた記録が残っていますし、多くの学者が真正であるとしているので、まあ間違いないのでしょう。

いっぽう、『後出師表』は誰か他人が書いたものだという説のほうが有力です。
理由は、『前出師表』に比べて文章の格が劣るため、だそうです。

“『前出師表』は格調高い名文だ。それに比べて『後出師表』は文体が圧倒で劣る。諸葛亮が書いた文のわけがない”
と言うのですが、さあ、どうでしょう?

あまり論理的な主張とは思えませんね。

上に書いた現在の私自身の例のように、人間は時期によって文体が変わることがあります。
また、あえて意識して文体を変えて書くことも可能です。
いったい読者が感覚だけで誰が書いた文かどうか、当てることは可能なのでしょうか?
 
反対意見の人たちはまさにこの点を指摘しています。

掲示板の意見(要約):
『後出師表』はネガティブ過ぎるから本人が書いたものではないと言われているけど、自分は『前出師表』も十分ネガティブだと思う。
はい。ネガティブだという点は、激しく同意(笑)。

この議論は、何か物的な証拠が出て来ない限り終わらないでしょう。


では、以下から私個人が思うことを例の「妄想」を絡めて考えてみます。
そもそも論理的な根拠がないので、「妄想」がなければ話が進まないのです。

(記事を分けます)

>>続き 『謎 『後出師表』は誰が書いたのか? (2) 』




参考/『後出師表』現代語訳でおススメ リンク

大変丁寧な訳文、http://blogs.yahoo.co.jp/syou_gensai/65592906.html
 
※引用は控えることにします。リンク先でお読みください


非常に丁寧な訳文に感謝。

>「死而後已(ししてのちやむ)」という言葉は生きている限りは努力を続けるという意味で、とても好きな言葉

同感です。
私も実は嫌いではない言葉です。辛いけど。
前向きな意味に理解したいですね。

実際、この言葉が口癖だった諸葛亮にしてみれば、
「死だけが自分を止められるのだ」
という心境であったでしょう。
逆に言えば、死でしか安らぐことはできなかったという現実があります。ブレーキが故障しているような人生です。
少々、悲壮ではありますし、辛い人生です。
全ての人がここまで全力を尽くすべきだとは私は思えませんし、ノンストップになってしまう状況は危険でもあります。全力で生きて疲れたら、少しだけブレーキを踏むことも自分に赦したいものです。

関連記事
My profile

Author : 吉野 圭

勤め人。趣味は読書、占星術。
一見様はこちらへ。
→プロフィール・お奨め記事

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 三国志、歴史|隆中譚 > 謎 『後出師表』は誰が書いたのか?

このブログはPG12です。→保護者の方へ