我傍的な話(裏話・実話を絡めた歴史空想話)

    「嫁がブス」と言われる夫の気持ち

    気になったニュース。

     ⇒「嫁がブス」の書き込みに200万円の請求 DeNA井納投手の妻が執念の投稿者追跡

    何故だろう?
    他人事とは思えないニュースだな。笑

    法的な話は別記事で書くとして、ここでは軽い雑談をしてみます。
    ※最近、「前世(仮)」について気軽な話をしてしまいますがお赦し下さい。私もそろそろ笑い飛ばしたいのです。不謹慎だったらすみません

    ――「嫁がブス」と呼ばれる夫の気持ちは、きっと私以上に理解できる人間はいないだろう。笑
    井納投手、ご心情察します。

    ★この件について、もう少し真面目な法律の話。『誹謗中傷の罪と罰。あなたはいくら払うのか? 』


    私がかつての妻と思われる女性の容姿について擁護したり、世評を否定しないことについて、もしかしたら「ヒドイ!」と思われているかもしれない。
    だけど、私としてはそんなことはどうでもいいと思っている。
    容姿が他の女と比べて劣っていようと優れていようと関係ない。妻なのだから。自分の妻だったとしたら愛情を持っていたはずだし、配偶者として絶対的な存在だ。

    それでも女の人は、夫にかばって欲しいと思うのかな。

    「自分が好きなのだから、他人に何と言われようとどうでもいいだろう」
    と思うのは男の身勝手に過ぎず。
    女性にとって容姿に関する評判は大事なことのようだし、もっとかばってやるべきだったのではないか……。

    等々。
    反省することは多々あります。

    しかし、「妻はブスではない!」と擁護して回ったところで逆効果でしょう。
    それでは火に油を注ぐと思われる。
    それにまるで、「ブスでは妻失格」と言っているようにも聴こえませんか。
    配偶者へ私が第一に求めるのは「人格の高さ」です。心の温かさや、前にも書いた善悪のIQのこと。つまり「人としてどうか」の部分。

    顔形の良し悪しなど、伴に過ごす相手に関してはどうでもいいこと。
    「ブスではない」と言った時点で、心の美しさという最も大事な相手の美点が、否定されるような気がして私は言えなくなってしまう。

    付け加えると、「自分だけが彼女の美しさを分かっている、独占している」という密かな誇りを抱くこともある。
    だから妻が世間で「醜い」と言われていることに胸を痛めつつも、心のどこかで「自分だけ分かっている」という誇りがうずく。
    これは男のエゴだろうか。

    いったい、妻はどうして欲しかったのか。どうするのが正解だったのか……?
    うーん、分からない。
    私には未だに女性の気持ちが分からないようです。申し訳ない。
    (いやその前に、「容姿がどうの」と騒ぐ感覚が理解できないのだが。笑)
    関連記事

    2015年~カウント: