心理テストや体、脳のことなど

    病院で検査してきました。統合失調症の可能性は無し

    私の体調不良について、その後のご報告です。

    これまでの話:
    医療的な推測→『アレルギー持ちの現代人は、DHA・乳酸菌を摂り過ぎないほうがいいかもしれない』(医療的に正確ではない可能性があり、ペナルティを避けるため削除)
    スピ的な話も含む→『この体調不良はどうすれば治るのか? 体は魂の性格でカスタマイズされる、という話

    あれからきちんと病院で検査したところ、自律神経についてはやはり若干
    “副交感神経優位”
    傾向があるとのことでした。
    (あくまでも検査時点での神経バランス。簡易検査のアプリで日常的に検査していても、概ね副交感神経優位)

    もちろん現代では副交感神経優位であることは良いこととされます。このため病院の診断としては「ストレスなくリラックスしている」「正常」という結果になり、特に治療はなし。
    実際、過度に交感神経が弱っていることもなさそうだし、下手に薬を出されたらなおさら具合が悪くなる可能性があるためこのままで様子を見たいと思います。

    そんなことより問題は、明らかな鬱の傾向があることでした。想定外。
    とりあえず、このブログ読者のほぼ全員が私について疑っているだろう、統合失調症の可能性は全くないとの回答で安心しましたが。笑
    (皆さん、残念でしたね。他人は私について「妄想家」と断じたいだろうが、幻覚・幻聴を感じたことは一切ないのです)


    鬱については、治療が必要なレベルかどうかは微妙なところだと医師の見解。
    今の私の体調を考えると薬を飲むのは危険なので、これも様子見です。

    続き。>>詳細な検査結果と、片頭痛持ちでも「統合失調症」ではないという話
    関連記事

    2015年~カウント: