-
・translate 翻譯
この記事は普通に歴史を考察した話なので読者限定とはせず公開しておきます。リンクご自由に。
※引用は正当な範囲(一部)のみで、このURLと著作権者「吉野圭」を明記してください。「自分が考えた説」として利用すること、誹謗中傷のために用いることを禁じます。アーカイブ済

■「梁父の吟」の意味

 『梁父の吟(りょうほの・ぎん)』とは、若い頃の諸葛亮が口ずさんでいたとされる唄だそうです。
 これは正統な記録書とされる陳寿著『蜀志/諸葛亮伝』に記録されていることです。

 正統な記録書に載っているからという理由で、皆様これは事実だろうと鵜呑みにしています。
 でも、「正統」だからと言って真実とは限らない。
 (だから陳寿の言う、身長が高いという話も天下三分計も眉に唾付けてください)
 
 私はこの唄についてまるでイメージがないので、「自分の妄想」からは申し上げる言葉を持たないのですが、ちょっと考えれば分かるはずでしょう? というトリックにはすぐ気付きます。

『梁父の吟』は以下のような唄です。
  歩みて出ず斉城の門、遥かに望む蕩陰の里
  里中に三墳あり、累々として正しく相似たり
  問ふならく是れ誰が家の墓ぞ、田彊と古冶子なり
  力は能く南山を排し、文は能く地紀を絶つ
  一朝讒言を被れば、二桃もて三士を殺す
  誰かよくこの謀をなす、相国斉の晏子なり

  訳:古い時代の斉国の門を出て、遥かに歩くと、蕩陰の里がある。ここによく似た、三つの墓がある。これは田彊と古冶子(と公孫氏)の墓である。彼らは文武に優れていたが、ある日、二つの桃を取り合って死んだ。さて、この見事な計略を果たしたのは誰だろうか? それこそ、かの斉国の名宰相、晏嬰さまである。
 歴史家たちはこの詩を読んで、
「若い頃の諸葛亮は晏嬰に憧れていたんだな。よほど狡賢い策略家になりたかったんだなぁ」
 などと解釈をしています。絶望的な知能の低さを感じますね。

 歴史館の記事でも書きましたが、これはぱっと見てすぐに分かる通り、晋を建国した司馬氏が魏・蜀・呉を略取したことを褒めたたえるための唄です。

 「田彊」と「古冶子」とは、暗に蜀と呉を喩えたものです。
 つまりこのまま真意を翻訳すると、
「里中に三墳有り。累々として、正しく相似たり」 
   ――ここに三つの墓がある 三つとも同じような墓である
「問ふならく、是れ誰が家の墓ぞ」
   ――これは何の墓だろう 
「田彊と古冶子なり」
   ――蜀と呉(と魏)の墓である              
「力は能く南山を排し、文は能く地紀を絶つ」
   ――三国とも強大な力で大陸を支配していたが
「一朝讒言を被れば」
   ――欲に目が眩んで
「二桃もて三士を殺す」
   ――二つの土地を求め、争い合って滅んだ
「誰か能く此の謀を為す」
   ――誰がこの三国を滅ぼしたのか
「相国斉の晏子なり」
   ――偉大なる魏の名宰相、司馬氏である
 という意味になります。

 ※筆者の小説より転載
 shiryumini.gif

■正史に『梁父の吟』が載せられた真相

 三つの墓であるのに二人分の名しか出てこないことを、歴史家たちは
「語呂が悪いから諸葛亮は文学的な都合でカットしたのだ」
 とお人よし過ぎる解釈をしていますが、そうではないのです。
 これは司馬氏が簒奪した魏に遠慮して、名を一人分カットしているのです。語呂が悪いからなどではなく、巧妙に気配りされた創作なのです。

 もちろん、この詩は諸葛亮が創作したものではありません。
 こんな腹立たしい未来予知を諸葛亮がしていたなどと、思い込むとしたら愚かです。

 当たり前のことですがこの『梁父の吟』は、晋の時代となり、陳寿が記録書を編纂する直前に創作されたものです。
 晋の帝を称賛する目的で、です。
 わざわざこれを若い頃の諸葛亮が口ずさんでいたと書いたのは、「第一級戦犯」として三国戦乱の全責任を押し付けた諸葛亮(天下三分計を計画したのはコイツだとして全責任を押し付けた)を、さらに貶めるためです。


【関連記事】
陳寿は何のために、誰のために天下三分計を捏造したのか? →回答:陳寿著『三国志』は「魏を高め、蜀を貶める」ために書かれたものです。曹操を評価し、孔明の虚像を暴く? ドヤ顔でマニアが語る逆説の、嘘と真実
関連記事

吉野 圭-Yoshino Kei
Posted by吉野 圭-Yoshino Kei


気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)
記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり