我傍的、ここだけの話

吉野圭のプライベートブログです。小説裏話、前世+占星術
 メニュー・新着

-

別館でメモ。「鎌倉殿の13人」と「蜀漢否定」の真実

こんにちは。ここのところ歴史の話ばかりで、興味のない方には本当にすみません。これは私の使命だと考えていますので、しばらく続けます。ただここで書くべきではない話は別館へ追いやります。更新お知らせすることだけご容赦を。というわけで、別館更新のお知らせです。今回はツイッター投稿のメモですからすごく短くなっています。それと、日本人にとって重要な話だから良かったら覗いてみてくださいね。【更新1】 『鎌倉殿の...
-

三国志の際どい記事、公開のお知らせ(晩年についての話)

カミングアウト記念(?)で、要パスだった記事を一つだけ公開しました。本を買ってくださった読者様には申し訳ありません。【公開】 諸葛亮は粛清したのか? 今、私が思うことまあまあ暴挙ですね。きっとあの“地獄虫”たち(別館、閲覧注意)はこれを材料に揚げ足をとり誹謗中傷してくると想像されます。あるいは、「前世など信じる奴は頭おかしい!」と批判する声が殺到するのも想像される。むしろ私はこちらのほうが健全な意見...
-

劉備と孔明はリアルタイムで人気だった件(史実)と、カミングアウト

昨夜「別館で引用する」と言った『パリピ孔明10』の冒頭、記事にしました。【史実】劉備たちはリアルタイムで超絶人気だった『パリピ孔明』アニメ第10話からたぶん今回は閲覧注意の箇所はありません。積極的に大勢の方に読んでいただきたい内容です。どうか拡散をお願いします。この話では私の「記憶語り」を裏付ける史料を引用しています。裏付ける、と言っても、あれだけではとうていあの声援を表すに足らないのですが。史家た...
-

自分らしさで民草を救え! 『パリピ孔明10』不覚にも涙

また『パリピ孔明』の視聴をサボってしまいました…。いつの間にか10話となっていたという。 ⇒GYAO パリピ孔明犯罪者への応答には時間を割きながら、誠意ある作品に対しては怠慢な私。一番ダメですねえ、こういうの。まじで申し訳ない。私の弱点は、「ここは大丈夫」と思って危機を感じなくなると興味が薄くなってしまうところです。もともと人間はネガティブ・バイアスといって悪いほうへ目を向ける性質がありますが、私は...
-

MC×太陽が合の場合、ミスティックレクタングルについてなど占星術の発見ご報告

こちらはご質問ではなく、読者様が占星術について気付いたこととしてご提供くださった情報です。公開のご同意をいただきましたのでここに引用致します。L様より。まず冒頭文から。こんばんは。お忙しい中すみません。自身のネイタルをサビアンも含めて考察した上で、発見したことをお伝えしたいと思い、メールを送信致しました。稚拙かつ独断と偏見ばかりかもしれません。それでも今回の発見の一片が誰かにとってのネイタル考察の...
-

教えてください! 要パス記事が閲覧できない方、いらっしゃいますか?

当ブログ読者の方より、「要パスワード記事が閲覧できない」とのご報告がありました。特に、筆者ホロスコープ全図が閲覧できないようです。あのページは画像にも鍵をかけなければならない都合上、当ブログ内ではなくて他のURL――ホームページ・サーバ上に置いています。(ブログだと要パスにしても画像に鍵がかからず、直リンクできてしまうため)ブラウザのキャッシュ履歴を削除してもダメ、他のブラウザに変えてもダメ、パソコン...
-

ミスティック・レクタングルなど、才能の話【6/9 I様メール返信】

2022年06月09日にメールをくださったI様へ。遅くなりましたがご質問、回答です。はじめまして。クリエイターをやっているIと申します。複合アスペクトについての記事を閲覧しました。1点のみ質問があります。私の出生ホロスコープは冥王星・海王星・金星・MCがミスティックレクタングルになりましたが(蠍座・山羊座・牡牛座・蟹座)、これは「芸能やクリエイティブ関係の才能」があるという認識でよろしいのでしょうか?金星も海...
-

悲劇はサイレント・マジョリティーが醸成するのだよ(追記のお知らせ)

あれから、『悪口メール(孔明+筆者に対する)への応答…』別館リンクを当ブログの関連記事へ貼りました。おそらくあの者たちは筆者の性格分析記事や、「道徳」の記事をネットの各所でさらして誹謗中傷しているはず。せっかくなので、最大限に宣伝利用させていただきます。自分たちの犯罪が一般人の目に触れる機会を増やしてくれてありがとう。ついでに、いろいろと言葉足らずだった箇所を追記していますのでお知らせです。混同させ...
-

赤い悪魔の荒み切った心理を読むときが最もダメージ

前記事で更新お知らせした別館記事「嫌がらせメールへの応答文」は、自分でも嫌になるほどキツイ言葉を使っており、そのことが精神ダメージとなっています。ここへ来ている読者様はきっとショックを受けるだろう…と心苦しく思いながら書きました。どうかデリケートな方は見ないでください。しかしあの者たちが現実に行っている暴力、大殺戮、全ての人々の愛や精神性を徹底的に踏みにじり破壊する非道さを思えば、たぶんあの言葉で...
My profile

Author : 吉野 圭

→プロフィール・お奨め記事

小説ご感想(総合)

【お願い】
当ブログの記事を気に入っていただけたらシェアお願いします。要パスワード記事は引用しないでください(パスワードを貼るのも禁止です)

記事にして欲しいご質問あればこちらからどうぞ:★コンタクト

2015年~カウント

検索フォーム

Translate,翻譯

過去ログ v Co リバース

管理者 別サイト

現在位置

トップ > 更新順

このブログはPG12です。→保護者の方へ

メモ帳

【別窓で開く】