Tag運命 1/7

読者様より補足情報。冥王星を「再生」とした例

先日も少し触れた、「トランジット冥王星がネイタル太陽ヒットで死亡した例」について読者様より補足情報をいただきました。詳細で具体的な情報のご提供ありがとうございます。とても重要かつ役立つ例と思いましたので、個人情報を除いて引用させていただきます。今回メールを差し上げたのは、「トランジット冥王星」の件で、補足的な情報を提供したいと思ったためです。著名人のホロスコープの感受点(太陽、ascなど)とトランジッ...

  •  -
  •  -

トランジット冥王星がASC上を通過するときは、何に注意すべきか?

いただいたメールにアイディアをいただきまして、ようやく占星術の話です。「ネイタルASC上をトランジット冥王星が通過し、心境の変化が起きた」というお話について。トランジット冥王星がもたらすもの以前、「ネイタル太陽上をトランジット冥王星が通過する時は体調に注意」と書きました。根拠としては、ご存知の通り冥王星が「死と再生」を象徴する星であるからです。この現在最大のマレフィック(凶)とされる星が、たとえば太...

  •  -
  •  -

前世を思い出すことで、今世の計画が見えるかどうか

メールにていただいたご質問文、引用させていただきます。Q.前世の記憶を思い出すことで、今世計画してきた宿題・今世の課題は見えてくるものですか?……もし今世の手がかりになるものがあれば試してみたい、と本日の(10/9前世に関する)記事を読んで、ふと、その考えに至りました。吉野様の記事を読んでいますと、やはり前世の記憶から今世の生き方が鮮明に見えているような気がするのです。A.地上的な意味で、具体的に「これ...

  •  -
  •  -

「神輿で担がれる」側の気持ちを、素直に述べると

  •  -
  •  -

貴族的な家系(名家)についても反転。今の先祖は「汚いこと」をしていなかったという報告

前記事で紹介した『高楼想話』は典型的なのだが、改めて昔自分が書いた小説を読み返すと、「貴族的な家系」への批判が多く書き連ねてある。 良家に沈む澱(おり)をどれだけの人が知っているだろう。 上品な家の底には暗々と、鬱々と、人の卑しさが澱(よど)んでいることがある。 家系。血筋。金。 それらにつきまとう誇りは他者を差別せずにいられない。下々の庶民より自分たちは優れていると思い込むだけでは飽き足らず、同じ家...

  •  -
  •  -

反転する来世。運命の力学、見本

前記事で掲載した『あの頃、君は僕の隣にいた』のご感想をいただいて、今さらながら前世と今世の人生は正確に反転していると気付いています。〔前世〕 ⇔ 〔今世〕 戦争の時代 ⇔ 平和の時代 伯父に引き取られる ⇔ 母親・弟と暮らす 実力を遥かに超えて認められる ⇔ 徹底的に社会で報われない、僅かな力も活かせない 殺人的多忙 ⇔ その気になれば読書三昧、悠々自適 (もう一点、公開できる話を追記。>>家系につい...

  •  -
  •  -

生まれ変わったら、どうなりたいか? 未来世療法など

来世について考えていました。雑談です。生まれ変わりで変身したい?タレントのヒロミ氏が、「生まれ変わったら何になりたいか?」という質問に「丸の内のOLになりたい。お昼休みに小さな袋を持って、ランチはどこにしよっかなーと言って歩きたい」と答えていて笑った。彼らしい、素敵な回答。どうしてOLになりたいかというと、ヒロミ氏曰く、「今の自分とは全く別の者になりたい。何を考えているか分からない人たちの、頭の中を知...

  •  -
  •  -

五行の欠けを補う風習のこと

返信が追い付いていないのですが、少しずつメールも読んでいます。いつも温かいメールをありがとうございます。今日はメールにて教えていただいたお話で、面白かったものを少しご紹介させていただきます。(お教えくださった方へ、感謝です! 引用して良いかどうか微妙だったので要旨のご紹介だけ、すみません)■五行の欠けを補う風習台湾や中国大陸には、五行の欠けている気を名付けなどで補う風習があるのだとか。※五行とは? ...

  •  -
  •  -

前世の知り合いは誰なのか、ということについて

---前半カット---昨日、夜中に書いた記事を読み直し、これは家族を巻き込んでしまうから良くないと反省しました。カットします。私一人が妄想家と嘲笑されるのはいっこうに構わないのですが、家族までも巻き込むのはまずかった。内容は「前世の知り合いは誰か」といったものでしたが、死ぬまで答えの分からないことだし生きている間には関係ないので、書くべきではなかった。言いたかったのは以下だけなので残しておきます。よく前...

  •  -
  •  -

カルマについて重要な真実。被害に遭った人は「罪」の報いを受けたとは限らない

この記事は非常にデリケートな話なので公開するのを躊躇しましたが、体験者が書かねば他に書く人がいないと思い、上げておくことにします。災害などでたくさんの人が亡くなった時、スピリチュアル業者や宗教団体の信者たちが「このたびの被災はカルマの報いです。前世の悪い行い(または先祖の罪)の報いだから悔いて受け止めなさい」などと言い出します。被災者は悪行をした魂だと言いたいのか? その発言だけでも被災者の心を踏...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com