Tag現代 1/17

蜀同盟、まとめて更新報告。余談で「アテン」など歴史話

『蜀同盟』更新中。興味をお持ちの方は少ないと思いますが、一応ご報告しておきます。ウザいだろうからまとめて。中国大陸から閲覧されている方はクリックしないでください。最新の投稿。拡散希望です。 ⇒諸葛亮は偉大なK産リーダー? 柿沼陽平『劉備と諸葛亮 カネ勘定の三国志』絶賛レビューあと、文句を言いつつ結局あれから『三国志展』へ行ったのです。レポートはこちら。 ⇒「三国志展」に三国時代の息吹は無いが、人形劇...

  •  -
  •  -

ご心配いただいている件と、「実名化」返信

今、記録的な暴風雨が日本を襲っています。自治体からの情報をチェックしつつ避難準備をしてください。大丈夫な地域の方のみ、このブログをお読みください。私の住む地域では今のところ避難勧告が出ていないので書くべきことを書いていきます。先日お返事した『我傍に立つ』実名化についてです。「夢のよう」というお言葉を忘れずにその後いただいたS様返信より。ブログを拝見しました。「了解致しました、死ぬまでに『我傍に立つ...

  •  -
  •  -

ギフテッドについて

始めこちらで書いた記事ですが、Hatena向きの話題かなと思ったので移動しました。すみません。 ⇒ギフテッドの苦悩が初めて光を浴びた。今の時代に生まれた君たちへ...

  •  -
  •  -

999エンジェルナンバーの意味。一つのサイクルが終わり世界は変わる、あなたはどの道を選ぶ?

昨日も書いたが、数字のゾロ目はオーディエンス※たちからのメッセージであるらしい。これをスピリチュアル界隈では「エンジェルナンバー」と呼ぶ。※オーディエンス: 観客という意味。私はここでこの言葉を「地上という舞台に立つ自分を眺めている死者たち」という意味で使っている。私の場合、「オーディエンス」には高次元の魂も同格や少し下の観衆たちも含まれる。だが、スピリチュアル界では一般にメッセージを送って来るのは...

  •  -
  •  -

ファッショに利用されてメンタルダメージ。今さら使命に気付いたという話

  •  -
  •  -

小学生革命家ゆたぽんくんの「勉強しなくていい」主張は、典型的なお子様の勘違い

前記事『勉強できるタイプには二種いるらしい』にて、「テキストはあまり読み込まない。一度読み」「家で教科書を開いたことがあまりないタイプだった」という自分の学生時代の勉強スタイルを披歴。さらに「要は情報を仕入れて判断するという、検索力と理解力が重要で、予め自分で全ての知識を持っている必要などない」と書いた。そのうえで、「若い子たち、どうか筆者の勉強法を真似しないでね。たぶん私は勉強に関しては、ある種...

  •  -
  •  -

勉強できるタイプには二種いるらしい。バトルが目的で長時間勉強するか、マイペースか

録画で見た7/22放送『しくじり先生』、山口真由さんの回について、恋愛以外で思うことを書いておきます。山口さんの著書は前にも紹介して、その時は勉強法を認めて褒めたのだが今回印象が変わった。※という前半の話は『蜀同盟』で上げました ⇒「恋愛偏差値が低い女」は、実は人間偏差値が低いあの人たちと自分は、違う人種だと気付いた今回、彼女の話を聞いていて分かったことがある。 やはりテキストを七回も読み込む人は自分と...

  •  -
  •  -

オカルトで映し見る現世。呪いの話や、水子が名づけを望む話

おじさん向けの現実的な話を別館で書くことにしたので、ここでは以前のように軽めの雑談やオカルト系のメモを書いていきます。今日はちょっと怖い話を含みます。大丈夫な方はつづきをどうぞ。...

  •  -
  •  -

世間話、更新のお知らせ

三国志ジャンルの別館ですが、現代の世間話なのでこちらでもお知らせ。芸人闇営業の件、会見を眺めての感想を書きました。 ⇒「亮」という名は泣き虫で正直者になるのか? ロンブー亮と宮迫の明暗...

  •  -
  •  -

辺見庸が語る『月』。犯罪に文学を感じる人が多い不思議

このあいだテレ東『ハイパーハードボイルドグルメ リポート』を観て、ちょうど『もの食う人々』を思い出していたところ。今日は偶然にも目を留めたEテレで、辺見庸氏が小説『月』について独り語るのを聴いている。関心の向けどころが違うのかもしれないが、さすがに言葉のプロだなあと尊敬の念を抱いた。インタビューも無いのに独り淡々と静かに、しかし淀みなく流れるような語り口が心地よい。楽器の独奏にも似ている。内容は重苦...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり