Tag現代 1/18

*検索システム対策のために記事整理中です(重複ワードのカット)。この記事の文章はカットしました*...

  •  -
  •  -

台湾人?の水瓶座解釈が褒め過ぎな件。他、改稿のお知らせ

過去記事、少し改稿しています。要パスワードの前記事では次の文章を追記しました。検索対象にしたくないため用語を伏せます。【追記】勘違いする人が多いので書いておく。「恩義を返す」と言っても*国の日本侵略を手引きするという意味ではない。私は現在の*国に恩義は一切無い、むしろ怨みしか無い。残虐な方法でたくさんの民を殺し続けてきた悪魔の国は滅ぶべきだ。******国は必ず滅ぶ。でも問題は崩壊後、世界中の憎しみを集め...

  •  -
  •  -

『恵美論』に激しく共鳴した話(『世にも奇妙な物語2019年秋』感想)

本日は軽めな話。息抜きで眺めていた『世にも奇妙な物語』は今回、どれも面白かった。斉藤由紀主演『恋の記憶止まらないで』などは『リング』を思わせる日本的ホラーで、短編であることがもったいなく思う。あれで元の歌手に関する謎解きを細かく描けば、二時間の映画にもなったはず。最近ハリウッド製作のホラーに失笑していたので、やはり恐怖物に関して日本人は一流だなと感心した。『ソロキャンプ』の不可解な恐怖も凄いなと思...

  •  -
  •  -

ネットの文筆、ずっと遠慮していたことの後悔

先日はトランプ氏の「スゲェ発表(本人曰く)」がイランや中国との宣戦布告ではなくて良かった。彼は自慢話でしか騒ぐことはないから、たぶん「バグダディやっつけたよ」報告なのだろうと思っていたが、この時勢だと何が起きてもおかしくないから身構えてしまった。大げさに表現してしまって申し訳ない。でも、現実の世の中はそれほど安泰でもない。『蜀同盟』アカウントのツイッターではもはや平和的な話ができなくなってしまって...

  •  -
  •  -

2020年は世界的「洪水」がキーワードとなる(メモ)

本日午後10時にトランプ大統領が重大発表をするとのことなので、急ぎこのメモを書いている。IS幹部殺害に関する話か、それともイランか中国か。ただ、そろそろ大事が起きてもおかしくない世界情勢であり星回りだと思う。ここのところ数ヶ月間、2020年という大変化年の神秘ジャンル的な予測を書いてみようとした。が、躊躇して今日まで過ごしてしまった。躊躇したのは恐ろしいのと気を遣うのとで。おそらく「洪水」がキーワードにな...

  •  -
  •  -

現代に某国が存在したらしい…。現実が空想を浸食していく(国際情勢メモ)

  •  -
  •  -

いつもながら、台風は早めの避難を

この土日は尋常ではない巨大台風が日本列島を襲うようです。陰謀論者の方々は「人工台風」(笑)と言っており、「瞑想してイメージすれば台風を逸らせるはず」と言っています。引き寄せを信じる方々はぜひ実行願います。瞑想して日本列島から人工台風を逸らすよう念じたら、逸れるらしいが?なるほど、とりあえずやってみよう。自分には祈祷の力がありそうな気がする。笑いや…そんなことより早めの避難を!いつも台風が去った後は被...

  •  -
  •  -

ツイート埋め込み撤去。方針変更、申し訳ない

今さらながらツイッターで次元の低い人たちと絡んでしまって参っています。今、あえてスルーしないようにしているため、この低次元な人たちと付き合うことになり疲れるわけです。昨晩だったか、ツイートで「クソ頭が悪い」という文を表示してしまったがこれはコメントしてきた者の文を引用した箇所です。汚い言葉のリプを飛ばして来る者がいたため、見せるためにわざと引用したもの。私は普段こういう言葉を使うタイプではありませ...

  •  -
  •  -

「一括り」に考えてはならないことと、同じと考えるべきこと

過去記事を読み直していて気付いたことを捕捉しておきます。少々危険な話にも触れますが、誤読しないでいただきたいのでこの記事では伏字をせずに書くことにします。かつて私は「スピリチュアルにも大きく分けて二種あるから一括りにするな。一括りこそ危険」と書いたことがありました。このことは繰り返し述べています。【例】 ・バシャールの話・危険なスピリチュアル、「色即是空」の甘い罠先日私が遭遇した“社会活動家”の高校...

  •  -
  •  -

「唯物論は破綻している」他、いただいたメールより引用

唯物論・ビックバン等についてのお話です。T様からいただいたメールで、「広めて欲しい」との箇所をここに引用させていただきます。※政治思想的な話、残虐な話もありますので、苦手な方は「つづき」をクリックしないようご注意ください...

  •  -
  •  -

管理用 anriy3@gmail.com

 カウントは2014年頃から、お休み期間もあり